【夢を叶えるために 自分自身を愛する】

 

願いを叶えるとすると大きくは愛と社会的な成功でしょう。

社会的な成功、お金を稼げるようになるには
自分がどれだけの価値を周りに還元して、
いかに自分が必要に思われるのかが大切。

視点、視野なども普通の人とは違うなぁと
思わせることもあるかもしれません。
生きていく上での原点のようにも感じられますよね。

最も、身近で意識しておきたい原則となると

・雑、雑多な環境を作らない。

・日々のことに感謝ができる。

・感情で自分を見失わない。

大概、こうしたことを言われますよ。

物の散らかった環境からは丁寧な仕事や作業は生まれない、
美しさがあるから今ある美しさをそのまま残していきたいと思えるようになる。

手抜き、雑な感情をが生まないようにしていく意識、
そのためにブロークン・ウィンドウ理論を例に出すまでもなく
雑な場所を作ってはいけないということ。

日々の感謝。

今、ここに自分があるのはどんな手助け、
見えない力に支えられているのか? 
そこを思い感謝する。

自分の体だけでなく、
今日全てに携わってくれた人、モノ、情報、
考えて見れば愛おしく本当にありがたいと思う。

そして自分の感情。

もしかしたら、自分の感情が最も難敵かもしれません。
いわゆる邪気、今の自分に受け入れらない状況、対人、
仕事に出会した時にこの邪気があると感情が
すぐに揺さぶられてしまい自分の精神性も汚されていきます。

精神性が汚れてしまうと、
自分の置かれた環境も雑多になったりするので、
こんな気持ちの持ちよう一つで負のループが始まってしまうなら、
始まりはどこからでもいいので自分が輝いていけるように
エネルギーを蓄えていきたいものです。

それからやっぱり願いを叶えるとなると出会い。

仕事や人生の良縁、それも最も望むものの一つですが、
やっぱり最愛の人と一緒にいられる時間を持てることがどれだけ幸せなことか。

自分の愛しているという思いを相手に理解してもらうようにするためには? 
こんなHOW TO、あったら誰も苦労はしませんよね。

 

愛情の質を高めるには?

 

 

 

やっぱり恋愛においては、
わたしたちはいつもいい人に出会いたいなあー、
と思っています。

では、どうして自分の望む人が目の前にいないのか、となると

自分の持っている愛情を与えることと、
周りから得られるものの受け取ることのエネルギーやバランスが良くない、
隔たりがあると云うことです。

例えばビジネス的に云うと自分には正当評価がない、
尽くすだけになっている? という思い。

これをそのまま恋愛に置き換えて相愛になりたい人を
思い浮かべて同じように正当評価、
つまりは愛されていない、
尽くすだけになっているかということを考えてみる。

これほど思っているのにろくに愛されない、
こんなふうに自分が願う相手からの愛情を受け取ることを優先して、
相手を思うことを忘れて失望をしていないか、
これを改めてみるといいかもしれません。

きっと、「でも」とちょっと弁解したい気持ちが生まれてくるでしょう。

 

 

10ことを行動しても1しか伝わらない。

それでもいい、と思えてこそあなたの気持ちの本質、
本当に届けてあげたい愛が届くのだとしたら、
自分の見返りなど求めている方が本当に愛ではない。

愛されたい、、って誰でも思う。

そこに気がついて欲しいことは、
今、そのままでもあなたは十分に愛されているよ~、ということ。

そんなことを言われてもね、
なかなか実体験として感激できないんですよ、
嬉しくないんですよ、と返す。

 

 

 

なぜなんでしょうね。

 

その答えは「不足感」。

欠乏感ばかりの毎日、もうどれだけ長い時間、
年月の中に「もっと欲しい」「こんなはずでは」と
思うことが日常化してしまったのか。

ココロの奥底に不足感で満たされた状態になっているんですよ。

そこに「愛されたい」と願ってやまない人が現れても、
愛されて幸せになるという意識よりも不足感を
穴埋めするだけのネガティブ感情のエネルギーしか生まれてこない。

相手を思うことを履き違えて依存が増えたり、
愛の形が正しく作られなかったり、見返りや計算、
結果としてこんなものを求めていたのではないはずなのにと
される現実が起こってくる。

もう、ただ闇雲に愛されたいと願って悶々と苦しい思いを
続けることはやめにしていけたら、
これから先、きっと想像以上の出会いとかご縁、良縁、
もしかしたら新しい仕事のチャンスなどにも結びついてくると、
そう願ってやみません。

今からでもいいです。

ちょうど新年も明けたばかり、
まだ新しい志が定まっていないのであればここで一つ決めていきましょう。

それが、見返りを期待せずに
愛を周囲に与える自分になる。

お金も人も、愛している人であれ、
こっちから追いかければ追いかけるほど逃げていく。

だからこそ、
与えることと受け取ることのバランスを学ぶことが必要。

愛していると云う感情は純粋な思い、
この人でなければならないという強い信念なのか? 

でもそれは好きという感情から生まれる、
他人に対しての隷属するマインドではないよね。

自分の内面の感情、魂から湧き上がる気持ちを
どこまで肯定することができているかどうかにかかるようにも思えます。

 

 

人を愛しなさい、というのは単に恋愛的な意味合いばかりでなく、
それ以上に自分自身を愛すること、自己を肯定するためにある。

だからこそ、
本当のままの自分をそのまま受け入れてくれる相手が欲しいんだよね。

わたしたちには、もちろんあなたにも
理想の現実を叶える力を持っている。

 

 

でも、理想の現実を叶える力を持っているという自分に
対する信頼が欠けていることが多い。

この考え方、先の言葉にある不足感を断たなければならない、
自分を信じて肯定すること。

あなたは、理想の現実を叶える力を持っているのだと。

無条件の愛、自分に対する無条件の愛祈りを続けること。

こうしたいいことがある、願いが叶う、お金が入るというような
下心にまみれたコントロールはいますぐに手放した方がよい。

「夢を叶えるために、自分自身を愛する」

では、わたしの願いはいつ叶うのか? 

こんなふうに何か求める、
愛されたいと思う気持ちや欠乏から始まる信念を捨てること、
なぜならマイナス波動そのものなのだから。

過剰な期待を解き放てばより良い出会い、収入、
新しいビッグチャンスが必ずやってくるはず。

そのためにも
無条件で自分自身を愛していこう。

 

自分自身を愛するには?

このことに自分も多くの時間を費やしました。
いつまでも自分自身を愛せないままできていました。

でも、いつか気が付きます。自分自身を深く愛していたと。

今までの自分から脱して気づきを与えてくれる人や情報を選ぶこと、
その意識がまだ向かないのであれば意識して気付きを養う。

日常生活やパートナーとのやり取りの中での我慢のしすぎ、
仕事においての真面目なところは仇になる。

どんなものにも価値を感じられないものはキッパリ捨て、
あなたの心がいつも楽しい、
喜びを感じられると感じられることを続けていくことが大切。

もはや我慢は美徳ではない。

今ある自分の生き方の中で、
わたし自身を愛し続けれれる考え方、行動に変えて行けば良い。

そうすれば願いは叶う。

あなたの意識が今、現在ににあればあるほど、
あなたの望むものを引き寄せていく。

意識が過去や未来に向いているときは、
今に意識がないと云うこと、
本当の自分は今にある。

過去の後悔、
未来の不安でもない今の自分を大切にする。

今、この瞬間。

 


この感情を味わう、
この思いが現実化をすすめていく。

焦らずに自分と向き合うことで
現実世界が開ける。

 

あなたらしくあるために。

それが自分自身を愛するということ。

あなたの心が望むものを掴む意志表示となる。

そして、わたしたちの願う世界が現実になる。

本当の自分に目覚める行動をせよ。

地に足をつけた行動をせよ。

波動の低いものに飲まれないでください。

今日の学びや気づきを大切にして愛しんでください。

人とのご縁の中にも使命があり、世のため人のためへの行動へと
つながり、いつかあなたの魂のステージを上げていく。

 

 

豊かさのエネルギーの循環が大きくなるほど愛のエネルギーも大きくなります。

夢を叶えるためには、自分自身を愛すること。

このことを忘れないでね。

 

 

 

◆=================================

ご感想や気づき、発見がありましたらこちらまでメッセージをください。
個別には対応できないことが多いですが必ず目を通しており、
今後の発信に活かしてまいります。

◆関連記事

【茨城産の蓮根を拒否 非人道的な管理をやめて野鳥との共存を】

【生活習慣も人生の質を高めるのは 今を決める意識を持つこと】

【適切な食事介助とは? 声かけや注意点、何に気づくべきか】


◆もし、今あなたが

・ビジネスの売上が大幅に下がっている
・自粛ムードに流されてセールスが出来ない
・数ヶ月後の生活が不安でドキドキしている

 のであればこちらをどうぞ

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください