【生活習慣も人生の質を高めるのは 今を決める意識を持つこと】

体の活動能力が低下するとあらゆる生活習慣病の発生率が増えます。

日常生活で散歩など簡単な運動時間を増やし、
座りっぱなしの生活を避けることが重要です。


さらに嚥下機能の維持のためにも、
全身的に動ける能力を高めることが必要です。

大病後にリハビリが必要なのは、
このような活動能力の低下を予防し寝たきりにならないためです。

 

事実、高齢になるほど呼吸機能は衰える。

肺の老化が実際の年齢以上に進行していると風邪をひいたり、
喫煙をしたときに呼吸困難になり健康を脅かす可能性があります。

 〜…ここまでが下知識。

 

肺が悪い、悪いと云わずとも老化が原因で機能が衰えてきた。
わずかばかりでも肺に影があることが見て取れるとなると、
例外なく今ではコロナの感染を疑ってかかりますよね。

 

今年はうっかり風邪でもひいたものなら、
そのままコロナ陽性(!)みたいな流れもありますし
そんなあたりの話題と、夢が叶う、実現化させるための意識についての話題です。

 

 

肺が悪い、悪いと云わずとも老化が原因で機能が衰えてきた。
わずかばかりでも肺に影があることが見て取れるとなると、
例外なく今ではコロナの感染を疑ってかかりますよね。

 

今年はうっかり風邪でもひいたものなら、そのままコロナ陽性(!)
みたいな流れになってきてしまっているような感じも否めません。

肺の機能が落ちていることの原因は「専門ではなくとも」
想定はできると緊急医は踏まえつつもやはりここでもPCR検査は実施となる。


と、誰でも訝しく思う通りで
12月になりクリスマスを過ぎ、
気分も良くなるはずの時期に
待っていたようにコロナの人が増えているなんて状況。

 

そんな中で、
加藤官房長官は「ワクチン、俺は絶対うたねえっ!!!!!」
なんて発言したり、自民党の二階幹事長は大人数会食批判に
「会食を目的にやっていない。意見交換を考えてやっている。
全く無駄なことをしているわけではない」と開き直り。

 

さらにはコロナ変異種がイギリスで発見され、、
 

日本でも知る限り変異種ではないですが、
陽性者が増えていますね。

最近海外では、ワクチン接種の公開がされています。

そんな中、TV中継中にワクチンを接種したナースが倒れ込む映像がありましたね。
リンクは載せないけど。

 


そもそも、コロナウィルスもワクチンが本来どういうものなのか、
どんな位置付けなのか、これを知っているのが政府なんでしょう。

 

なんだかねえ。

 

で、話を戻して

 

今回の記事の前に、前回までの記事で 紹介した事案にお目通しいただけると
時系列にわかりやすくなります。

【介護現場 緊急時に生まれる最高のギフト】

【介護現場での転倒・骨折】

この続きの記事になります。


救急搬送後、家族が病院に到着。
空いた時間でちょっとお話をさせていただきました。

世間にあるPCR検査なんて実際には曰く付きですよね
なんて言葉を相手家族としながらも、家族から

「もしこのまま(施設に)帰れないということになるのならどうなるのか」

と質問を受けました。

 

そもそも骨折の部位からできれば入院の必要もなく常時安静にしていれば良い、
オペの必要も無いので本来このまま帰ってもらってもいいのだけれども、
認知症からご自身ので怪我の意識もなく歩き出したり安静には出来ないということも
考えられ事故を繰り返してしまう恐れがあるという理由。

 

加えてPCR検査を実施したという事実、
これはコロナの感染を想定しているので、
陰性の結果が確認されるまでは
隔離対応が必要という理由から入院を指示されました。

すごいですよ、
PCR検査はやりたくてやったわけでもないのに強制隔離です。

危険回避はわかるけど、病床が足りなくなるのも無理はない。

 

 

先の施設に帰れないというのは、施設内での職員で対応できないこと、
代表的な理由では医療行為が必要であるなどの理由です。
どこの施設、ホームも同じですが自施設内の力量でできる限りのことは
させていただくと伝えます。

 

 

まだ、これで生活の術がなくなったわけではないはずなのに、
やっぱり急に病院に呼び出されてしまうということは、何かしらの覚悟を求められます。

高齢者介護でいつかはこうなるとは思っては見るものの、
その日が今日になるということは思いもしない。

老衰で徐々にというなら、
幾分毎日でも現況を知っておきたいと思うものでしょうが、
転倒からの骨折、救急車となるといくら心配はないとは
伝えられたとしてもどうしたってこの先の将来のことが気にかかるのは当たり前。

「父が若くして死んで、母ひとりだったんですよ。」

「福祉関係の講演をやったり、コラムなんていうものも書いていたんですよね」

なんて話を伺うとどんな人にも歴史あり。

しっかりご自身の夢や目標を達成してこられたんですね。

認知症を患って身の回りのこともどうにも理解できないんですよーなんて情報、
わざわざ記録に残す意味なんてないんではないのかなとも思わされます。

 

 

ご自身も家族もこれで満足だったと思えるのなら大成功でしょうね。

 

意味がある人、意味にある人生なんて云うより前にそういう個人史を
聞かせていただけることにこちらは感謝ですよね。

 

 

どんな時も、どんな時代でも環境に左右されず、
自分に最適な考え方を現場で活かすには?

 


例えるまでもなくコロナの大混乱の中でも安心して
着実に魂を成長をさせることができた人、
そうでなかった人と2極化した今年。

 

 

魂に素直に沿って生きていれば
どんな状況になってもブレずに前に進んでいけると
云うことを身をもって感じたことでしょう。

人生の波にタイミングを合わせるというのは本当にマインドセットありき。

頑張っているようにも見えないし、
努力しているようにも見えないのに
なんだかうまくいっているように見える人がいます。

 

そういった成功者の皆様は
無意識に人生の波に乗っているのでしょう。

 


やっぱり、一期一会の考え方ですね。

出会いの質、交流を広げたいのなら
自分の意識と時間を上手く
コントロールして
上手にエネルギーを使う事が大事。

 

あなたが収入を上げたいのなら
このお金と時間、そして意識の
払い方を上手くコントロールして
上手にエネルギーを使う事が大事。

 

 

ガラガラ、ポンと降って沸いた幸運に夢が叶った、
幸運が訪れたと感じることもあるでしょうが、
もっと広いレンジで夢が叶えていくには、
今手元にある現実の中から叶った夢を
拾い出してみたらいいかもしれません。

 

 

新しい本が手に入った、
小銭分の金額だけど貯金ができた、
仕事では欠員もなく、
まあまあ、滞りなく職責を果たせたとかね。

 

 

今はまだ手の届かない幸せであっても、
足元には築きあげてきた成功の自分史がありますよね。

 

 

・できるのか、できないのか

・叶うのか、叶えられないのか

 

 

この2つを軸に人生を成功させようとするにはやっぱり精神論、ど根性!?

 

それより足元を見つめ直して、
なぜそれを求めるのか? 欲しいのか? 
だからあらためる。


そのためにすること、
しないことは何か?

 

時に捨て去るものをチョイスすることって実はもっとも有効ですよ。

 

 

◆=================================

ご感想や気づき、発見がありましたらこちらまでメッセージをください。
個別には対応できないことが多いですが必ず目を通しており、
今後の発信に活かしてまいります。

◆関連記事

【高天原からいただく真菰茶で健康改善】

【未来を望む現実にする 祈りと感謝】

【味覚障害? 10歳の子供が成人病になる】


◆もし、今あなたが

・ビジネスの売上が大幅に下がっている
・自粛ムードに流されてセールスが出来ない
・数ヶ月後の生活が不安でドキドキしている

 のであればこちらをどうぞ

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください